鈴木良孝さん

12月 8th, 2013

MEPLO 卒業生インタビュー Vol.6
ボッシュ株式会社勤務

現在どのような仕事をしていますか?

ボッシュ株式会社という本社がドイツにある自動車部品メーカーに勤めています。私のいる事業部ではエンジンを電子制御する装置(ECU)
の開発をしており、その中で私は適合を行う部署にいます。この適合では、エンジンがかかる、不快な振動がないという市販車では当たり前のことをさまざまなエンジンに合わせて実現させます。当たり前のことを含めた開発要件を顧客(自動車メーカー)はそれぞれの車種で定めており、私たちはこれを満たすように、開発中の車両に実際に乗り込んで試験を行い、ECUの中にある数百ものパラメータを変更しています。

現在の職業を選んだきっかけは何ですか?

元々、人々の身近にある製品の開発に携わりたいと思っており、その中で自動車は長年交通手段であるにも関わらず、ハイブリッドやアイドリングストップなどの技術革新が続いているので興味を持ちました。自動車メーカーに勤めることも考えましたが、様々な自動車メーカーと取引して得られた情報を元に、今後の自動車開発を予測し開発をリード出来ること、また、外国人が多い環境で仕事をすることで、単なる技術者としてだけでなく人間的にも成長出来ると思い、今の会社に決めました。

MEPLOで学んだことで役立っていることは何ですか?

MEPLOでは、本質を理解し、問題に取り組むことを学びました。試験時間内に問題を解くための公式や道具だけでなく、問題の背景、公式の導出を丁寧に教えていただきました。それゆえ、単に答えを求めるのではなく、問題を吟味し、効率的な解き方を考える癖がついたと思います。実際、会社で問題を解くことはありませんが、指示された業務をただこなすのではなく、必要なのかどうか考えて改善案を提案したり、トラブルが起こった際にその裏に隠れた問題を見つけ、解決したりしています。

後輩へのメッセージをお願いします。

MEPLOという環境をどんどん活用して下さい。わからないことを理解できるまで根気よく教えてくれる講師やフォロースタッフがいます。積極的に質問して、上辺の知識を活用できる知識にしてください。それ以外にもフォロースタッフは年齢の近い存在として、大学生活の疑問や悩み事などに親身になってくれます。また、目標をともにする友人やライバルが集まっています。彼らは、勉強する意欲を高めてくれる存在です。彼らと互いに刺激を与え合いぜひ目標を達成してください。

[プロフィール]

2006年3月 私立 海城高校 卒業
2006年4月 東京大学 教養学部(前期課程)理科一類 入学
2008年4月 東京大学 工学部 進学
2010年4月 東京大学 大学院 進学
2012年4月 ボッシュ株式会社へ入社

4/28 第1回OB・OG座談会、第3回交流会を行いました

9月 11th, 2013

 

更新が遅くなってしまいました。今年4月に行われたOB・OG座談会、第3回交流会についてお知らせいたします。

 

座談会は今年が初の試みでした!

新設の渋谷校にて、就職して社会に出たMEPLOのOB・OGの方々に”現在の職業について”講演していただきました。

進路を決めていない、専攻分野について見聞を広めたい、これから先就職活動をするにあたって情報を知りたいといった大学生たちにとってとても有意義なイベントになったのではないかと思います!

ご参加いただいたOB・OGの先輩方、ご協力ありがとうございました。

来年も実施予定なので皆様ぜひぜひご参加ください!

 

毎年恒例の交流会は今年で3回目を迎えました!

今回は渋谷駅から徒歩11分ほどの場所にあるBar Tieredという場所で行われました。

今回のコンテンツ企画では、移転して新しくなった池袋教室の紹介ビデオを放映しました!

新しく生まれ変わった池袋校の様子はいかがだったでしょうか?

今年も60名以上の方がご参加くださいました!参加してくださった皆様、ありがとうございます。

座談会同様、交流会の方も来年も実施予定です!次回もたくさんの方がご参加してくださるのを心よりお待ちしております!

河合塾MEPLO OB・OG座談会

3月 21st, 2013

この度は記念すべき第1回「河合塾MEPLO OB・OG座談会」を新設の渋谷教室で行う運びとなりました。
卒業生による講演、交流会を通じて高校時代共に学んだ仲間との有益な情報交換の場にしていただければと思っております。
大学生の皆様にとっても進路の決定や、来たるべき就職活動に向けて役立つであろうことを信じております。
卒業生の藤居さん、岩田さん、土井さん、大熊さん他による講演の他にも、多数の教務、講師の方々の参加を予定しておりますので奮ってご参加ください。
座談会の後には毎年恒例の「懇親パーティ」の準備も進めております。
卒業生の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

座談会委員:菊地建人

日時:2013年4月28日(日) 15:00~17:00 (受付開始14:45)
会場:河合塾MEPLO渋谷教室
対象:河合塾MEPLO卒業生の方
会費:無料

詳しくは下記ポスターをご確認ください。

 

4/29 第2回交流会を行いました

6月 4th, 2012

先日行われました、第2回交流会の様子が届きましたので、写真とともにお知らせ致します。

  

場所は、表参道駅から徒歩1分の「エラグ青山」です。螺旋階段から始まり、木のぬくもりをいかした落ちついた雰囲気のメインフロアーとなっていました。

 

受付を終え、フロアへと集まる卒業コミュニティのメンバー。交流会のスタートです。司会は現役フォロー3年生でMEPLO池袋教室をトップとしてまとめる渡辺さんです。

 

 

代表挨拶をしてくださったのは、MEPLOフォローを卒業し、今年から社会人となった藤居さんです。卒業コミュニティの立案者で、昨年度は司会を務めていただきました。

 

恒例となりつつあります、脇坂先生のクイズ大会!今回は直接お越しいただき、進行を務めていただきました。数々の難問に皆さん苦戦・・・と思いきや、やはりMEPLO卒業生、全ての問題の答えに行き着きました!流石です。スカイツリーなど最新の時事問題も出題されていましたね。豪華賞品もございました!

 

 

終盤には、久米先生から挨拶をいただきました。相変らぬ笑顔が素敵でした。

 

そして無事、交流会は終了いたしました!皆さん楽しんでいただけたようで嬉しい限りです。来年も楽しみです!

富田晃一さん

2月 12th, 2012

MEPLO 卒業生インタビュー Vol.5
杏林大学医学部付属病院 高度救命救急センター

現在、どのようなことをなさっていらっしゃるのですか?

高校を卒業後、医学部で6年間学び医師免許を取得しました。初期研修を聖路加国際病院で終えた後、救命医として上記施設で働いています。多発外傷・重症熱傷・ショック等の重篤な患者さんを相手に日々闘っています。研修医の頃ほど忙しくはありませんが、緊急手術や集中治療でなかなか休めない時もあります。残念ながら患者さんが亡くなってしまうことも多々ありますが、一生懸命治療に専念し、患者さんが良くなったときの喜びは何物にも代え難いです。

なぜ、またいつ医師という道を選ばれたのですか?

医師という道を選んだのは、眼科医で開業している母親の影響がありました。実家を継ぐつもりはありませんでしたが、患者さんの話を聞き・治療し・感謝されるという仕事にとてもやりがいを感じました。これならば生涯の仕事にしても後悔しないだろうという思いがありました。
専門科として救急を選んだのは、そもそも自分が医師になった理由が「目の前の人を救いたい」だったからです。患者がどんな病気であっても助けられる医師でありたい、そんな欲張りな願いを叶えられるのは救急だけだと思いました。

今後の目標をお聞かせください。

手術のできる救急医になります。来年度から外科医として2年間勉強し、外科の専門医を取得します。その後はできれば留学したいと考えています。日本は安全で平和な国で、重症患者の数は少ないのです。救急医療の体制もまだまだ整備すべき側面がたくさんあり、日本の救急医療を変えていきたいです。

MEPLOでの経験で、今の自分へ影響していることがあればお聞かせください。

中3で初めてMEPLOに入ったとき、同級生のレベルの高さに衝撃を受けました。才能と努力、その両方を兼ね備えた人達ばかりでした。今も彼らとは連絡を取っていますが、負けないよう自分も頑張らねばと日々感じます。

[プロフィール]

2002年 私立城北高等学校卒業、東京慈恵医科大学医学部へ入学
2008年 聖路加国際病院にてレジデントとして勤務
2010年 杏林大学医学部付属病院 高度救命救急センター